富山県立山町の秘境で砂防を学ぶ立山カルデラ砂防体験ツアー

20世紀遺産を巡る
立山カルデラ砂防体験ツアー

設定期間
2020年9月4日・11日・18日・25日、10月2日・9日・16日

ABOUT

秘境の地で、先人たちが築いた「砂防」を学ぶツアー

多くの人が訪れる立山黒部アルペンルート。そのすぐ隣には、火山活動と侵食によってつくられた巨大な窪地「立山カルデラ」があります。このエリアでは下流域を守るため、今もなお砂防工事が進められており、一般車両の通行が禁止されている場所です。当ツアーでは「日本の20世紀遺産20選」に選定され、国重要文化財にも指定されている砂防施設群等を有するこの地を解説員の案内のもと訪れます。

CARUDERA

TOYAMA

POINT このツアーの見どころ

年間の来訪者数が限定される
秘境の地を訪れる

当ツアーでは、年間の来訪者数が限定され、普段はなかなか入ることができない秘境の地をバスに乗って訪れ、自然、歴史、砂防について学ぶことができます。 現地では解説員がご案内いたします。

白岩堰堤(しらいわえんてい)

高低差日本一(108m)の砂防堰堤です。(国の重要文化財)
常願寺川流域における土砂災害を未然に防ぐため、常願寺川湯川谷流域(立山カルデラ)における山腹及び河床の安定化を目的として築かれた砂防施設です。

「立山カルデラ」とは?

東西約6.5km、南北約4.5km、標高差が500~1700mもある巨大なくぼ地です。これまで度々崩壊しては、内部に土砂をため、大雨の度にその土砂が下流域に流れ出して大きな災害をもたらしてきました。そのため、この中では、これまで1世紀もの間、砂防工事が進められています。

TOUR INFORMATION ツアー詳細

おひとり様
おとな 3,500
こども 3,500
所要時間

約8時間

対象年齢

小学3年生以上

設定期間

2020/9/4~10/16の設定日

集合場所

富山駅北口 (8:40集合)

参加条件

小学3年生以上(中学生以下は保護者同伴)

運行会社

中部観光(株)、魚津交通(株)、となみ観光交通(株)、

新富観光サービス(株)、海王交通(株)

〈行程〉

富山駅北口(8:50発)===富山県立山カルデラ砂防博物館(9:45~見学)===有峰記念館(休憩10分)===立山カルデラ内見学(途中徒歩移動あり全行程約2km)===【六九谷展望台・泥鰌池・立山温泉跡・天涯の水・白岩堰堤】==有峰記念館(休憩10分)==富山駅北口(16:35頃着)
[==はバス移動]

〈注意事項〉

  • 前日のお昼12時の段階で、翌日(ツアー日)の降水確率が50%以上の場合や雨天等により林道の工事用道路等の通行止めが想定される場合は、雨天コースへ変更となる場合がございます。
    その場合は三重交通(株)観光販売システム営業部から、事前にお伺いしている代表者の連絡先へご連絡させていただきます。 (世界でも有数の降水量となる地域です。例年の通常コース(晴天時)実施率は60%程度です。)
    <雨天コース例> 富山駅北口==悪城の壁==称名滝==富山県立山カルデラ砂防博物館(昼食・見学)==立山博物館(見学)==本宮砂防えん堤==常西合口用水制・床固工==佐々堤・殿様林(車窓見学)==大場の大転石==延命地蔵==富山駅北口
  • 事前にお渡しする「ご参加に関する条件及び留意事項」をご確認ください。
  • 昼食は含まれておりません。お客様各自でご準備ください。
  • ご参加は小学3年生以上で、乗り物の乗降や歩行(2㎞程度)に支障のない方とさせていただきます。なお、山道を含み、バス移動が往復で約5時間以上となります。
  • 所定書式にて、参加者全員の氏名、年齢、代表者の住所等の個人情報及び、参加に関する同意書の提供をしていただきます。

VOICE お客様の声

自分の住む郷土の歴史を少しずつ学んでみたい

富山/女性/50代/晴れ

今まで考えようと知ろうとしたことがなかったことを今日は目の当たりにすることができ、自分が住む富山のことについて、深くふれるいい機会になりました。
若い頃は、社会科の勉強が苦手で興味をもつことができませんでしたが、50歳になり歴史的なことや、社会的なことにゆったりと目が向くようになりました。
今日のツアーのガイドさんのお話や、バスの中でのVTRもとても興味深く見聞きすることができ、とてもいい勉強になりました。幸田文さんの「崩れ」も読んでみようと思います。自分の住む郷土の歴史を少しずつ学んでみたいと思います。
あんな山の中に人間が造ったものが!

兵庫/女性/40代/晴れ

自分ではいけないところに行け、ガイドさんの説明も良かったのでツアー全体に満足しました。勉強になりました!事前にお水がくめると教えて欲しかった。
立山カルデラという言葉も聞いたことはありませんでしたが。

愛知/女性/40代/雨

今回知人に誘われましたが、今まで立山カルデラという言葉も聞いたことがありませんでした。そんな私も興味深く知ることができました。砂防は日本全国の問題であることも改めて気づきました。
また、悪城の壁や本宮堰堤は実際に近くで見て迫力がありました。立山カルデラ砂防博物館の企画展で野生動物の毛皮にも触れられたのがよかったです。
解説付きツアーならでは

神奈川/女性/40代/雨

TV番組でドローン撮影していた場所に実際来て見れた。雨天のみの立山博物館はなかなか面白い解説で大変よかった。解説付きツアーならではのものだと思う。
雨天だけのコースにするのはもったいない

富山/女性/30代/雨

普段入ることができない立山カルデラに入れるので、このツアーに申し込みましたが、雨天コースになってしまい残念に思っていました。しかし、立山博物館の学芸員さんの解説も面白かったですし、何より雨の中の称名滝や悪城の壁には迫力がありよかったです。雨天コースが残念コースになっているのが残念です。むしろ、雨天時だけのコースにするのがもったいないと思います。
見学地を絞ってもいいかも

千葉/女性/50代/晴れ

たくさんの場所を見れたのはとても良かった。反面1つ1つの場所の説明は短くなるので、見学地を絞り、少し深く説明してくれるコースもあると選べてよいなと思いました。楽しく過ごせました。ありがとうございます。
努力に感謝!

岩手/男性/60代/晴れ

見るのは簡単ですが、その風景を保たれている努力に感謝します。
先人達の苦労を知れます

富山/女性/50代/晴れ

奥深い山の中に温泉があったこと、池もあり、現在の生活に慣れてしまっているので何もない自然が印象に残った。先人達が苦労して砂防をつくったお陰で安心して暮らせるようになったのだと思う。今もなお工事が続いているとのことで、自然の偉大さも知れた。

Q&A よくあるご質問

どんな服装で行けばいいですか?
野外活動に適した服装「長袖・長ズボン」でご参加ください。靴に関しては、歩きやすい「運動靴・トレッキングシューズ」の着用をお薦めします。
  • ハチ刺され対策のため黒い服装、香水は避けてください。
どんな持ち物が必要ですか?
  • お弁当(昼食時間が限られるため、おにぎりなど食べやすいものをおすすめします)
  • 飲み物 ・雨具(カサは不可) ・常備薬 ・健康保険証(またはその写し)
  • なお、バスは道幅の関係上、中型または、マイクロバス、ジャンボタクシーとなります。
    車内は大変狭いのでお荷物はリュックサック1つにまとめてください。
ヘルメットの持参は必要ですか?
ヘルメットはツアーにて貸し出しますので、持参は不要です。
標高はどれぐらいですか?
立山カルデラは標高1,100~1,300mとなります。
  • 気温は目安として富山市内平野部よりも約5~10℃低めです。
雨天時はどうなりますか?
  • 前日のお昼12時の段階で、翌日(ツアー日)の降水確率が50%以上の場合や雨天等により林道の工事用道路等の通行止めが想定される場合は、雨天コースへ変更または、中止となる場合がございます。その場合は三重交通(株)観光販売システム営業部から、事前にお伺いしている代表者の連絡先へご連絡させていただきます。
    (世界でも有数の降水量となる地域です。例年の通常コース(晴天時)実施率は60%程度です。)
タバコは吸えますか?
当ツアーは全行程禁煙となります。ご協力をお願いたします。

お問い合わせ CONTACT

050-3775-4727

三重交通株式会社 観光販売システムズ着地型ツアー

TOP

ツアー代金

おひとり様

3,500 (おとな・こども共通)
申し込む